3000円からの動画制作!Web用CM、結婚式用映像、インタビュー、商品紹介などなどお任せ下さい!

格安動画制作に泣かされないための3つのポイント

格安動画制作に泣かされないために

最近では、『格安動画制作』の制作業者が増えてきました。

今までの動画制作、映像制作があまりにも高額だったため、

これはご利用いただくお客様にとっては、たいへん喜ばしい傾向だと思います。

しかし、『安さ』には必ず理由があるはずです。

当社で言えば、今までの高額な商業映像制作の中から、Web動画や個人映像制作に

必要無いものを削除し、制作フローを効率化し、高品質で低価格を実現しています。

映像制作サービスという、クリエイティブな商品を、正しく比較していただくために、

以下の点にご注意下さい。

そもそも本当に格安なの?

「格安動画制作」で検索してみても、

えっ? それで格安なのか? 映像制作業界ってどんだけ単価高いんだよ?

と思ってしまう価格が多いです。

例えば、「業界の半額」と記載があっても、制作費が10万円~となっていたり、

30秒のインタビュー映像が2万円もしたりと・・・

これでは個人事業や予算の少ない中小企業では、なかなか手が出ませんよね。

でもこれは仕方が無いのです。

映像制作業界のほとんどの業者は、既存の『商業用映像制作』からなかなか離れられません。

無駄な演出や打ち合わせを行うのであれば、どうしてもその位の料金はかかってしまいます。

あなたが既存の映像制作をご希望なら、これらの業者さんに依頼されたほうが、

良い結果となるかもしれません。

しかし、これからWeb動画のビジネス活用や、個人向け動画制作をご希望の場合は、

是非とも下記3点に注意して、格安動画を手に入れて下さい。

オプションで結局高額に・・・

当社にもオプションはありますが、撮影や出張打ち合わせなど、通常の制作には必要ないものを

ご希望のお客様に提供するために用意しているものです。

つまり、オプションは利用しなくても、動画を完成させることは可能です。

しかし、映像制作業者の中には、1本の動画を作る際、どうしても必要なものも基本料金には含まれず、

「オプション」と言う形で用意されているところもあるようです。

この場合、結局1本の動画制作で10万円を超えてしまった、なんてことにもなりかねません。

見積りの段階で、この辺りをよく確認しておいたほうが良いでしょう。

あと、修正につきましても、業者の中には1回目の修正は有料となり、

その修正がかなり高額なところもあります。

当社では、修正1回無料で行っておりますが、2回目からも1080円~低価格での修正となっております。

※修正内容により費用は変わりますが、当然制作費より高くなることはありません。

更に、修正無制限という業者もありますが、こちらは修正で追加してくる業者よりは良心的に感じまけれども、

元々の料金設定が高額になっているのが一般的です。

当社の経験上、ほとんどのお客様は1回の無料修正で完了しておりますので、作りたい動画の概要が決まっていれば、

修正回数は無制限であってもあまり意味は無いでしょう。

最後に、料金一覧などのページが無く「お問い合わせ」ボタンしかない業者は、

まー10万円はくだらないとお考えください。それは格安映像制作ではなく、普通の商業用映像制作ですね。

クリエイターの質

ホームページが、実はホームページ制作業者には作れないという事はご存知でしょうか?

ホームページは基本的に、集客や販売、顧客満足度向上の為の、商売の道具です。

ホームページの真の目的は、商売繁盛。

その為には、Webマーケティングの知識が必要不可欠なのです。

しかし、ホームページ制作業者のほとんどが、「デザイナー」であったり「プログラマー」です。

どんなに綺麗なホームページが完成しても、

どんなに便利なホームページが完成しても、

アクセスしてもらえなければ、存在しないのと同じです。

今の時代のホームページ制作には、Webマーケティングの要素が必要不可欠なのです。

 

動画も同じです。

ビジネス用のWeb動画は、映像そのもののクオリティーを追求してきた、

既存の商業用映像制作会社では、実は作成することができないのです。

テレビ番組や映画の制作、さらにはテレビCMでさえも、Webマーケティングの概念とは全く違うのです。

テレビ番組、映画、CMは、『時間』という概念の元制作されています。

よく聞く言葉で『番組視聴率』というものがありますが、

Webマーケティングの世界では、その概念が存在しません。

また、テレビCMは15秒で数百万円などの費用が発生しますが、

Webマーケディングでは、『時間』という概念が存在しないので、

おのずと『CM放送枠』という概念も存在しないわけです。

また、受動的に観るテレビ番組と、能動的に検索して探して観るネット動画、

この性質からもWeb用動画の制作には独自のノウハウがあります。

個人様向け動画では、もともと時間的制約はそれほどありませんので、

やはり商業用映像制作とは別物になるでしょう。

結婚式の動画撮影や制作があまりにも高額で驚かれると思いますが、

それは、基準が旧来の商業用映像制作をベースに料金が決められているためです。

話がそれましたが、つまり、ビジネス用のWeb動画には、

Web動画制作用のノウハウが存在しているということです。

そして、多くの映像制作会社は、元々が商業用映像制作会社のため、

改めてWebマーケティングを勉強して、

そのノウハウを映像制作の技術に反映させる必要があるわけです。

あなたが選ぼうとしているその制作会社は、Web動画のノウハウを持っていますか?

意味もなく、3DCGなどを多用して高額にしたり、

テンプレートで制作して、安く済ませようとしているクリエイターではありませんか?

その辺りを、制作実績などを確認したり、直接聞いたりしてご確認下さい。

 

以上、あなたの動画制作会社選びの参考になれば幸いです。

 

受付:合資会社ジェイライン TEL 026-252-5540 平日・土曜9時-19時

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

最近の投稿

  • facebook
PAGETOP
Copyright © ジェイ動画 All Rights Reserved.